イベントであれこれ

向こうがイベントの片付けを全て終えて事務席に戻ってきた4時ごろ。少し話したいことがあると休憩室に呼び出された。雰囲気からするとあまりいい予感はしなかったのだが、話の途中でこれまでのことを完全に後悔した。

席が離れたことで時間やタイミングが合わずにやりにくさを感じていたのだが、それは自分だけではなかった。今回のハロウィンイベントに向けた準備に加えこの先イベントが多くなっていく11月,12月のクリスマスに向けた動きも始まっていて、本当は向こうとしても仕事を手伝ってもらいたかったり頼みたいことがあったりしたのだが、同じ理由でやりにくさを感じていたと言う。

そこで昨日、まずベビ子では唯一の部長職である計画担当長の方(昨年はベビ子の部長だった)に相談をして、自分が向こうと同じフリースペースに席を取ることを認めてもらったと言う。まだ婦人本体のほうの方々には話が行っていないので本当にこれで確定するのかは分からないが、もしそうなれば向こうのすぐ目の前や隣で仕事をすることができる。

同じ理由で話が出た休みを水曜日から木曜日に変えること(通院日がある週に休みを変えるのは向こうもやっている)はいろいろと調整が必要になることに加えて事務担当としての仕事との兼ね合い(木曜日は媒体が届くことが多かったりする)もあるので自分の中でも決断をしきれてはいないが、校正の水曜〆切が多いことも考えると、話としては納得できる。

席が離れてお互いの状況が分からなくなって以来、何を言ってもずっと「大丈夫」と答えていたのも、ワケあり物件同士でお互いのことが分かるだけに気を遣ってくれていたのかもしれない。正直言って、本当にこれまでのことを後悔した。ただ、婦人本体のほうの方々次第ではあるけれど、これから少しは取り返せるかもしれない。

フリースペースに行くとなると、物をどうするかが問題になってくる。新オフィスになった引っ越しの直後に思ったのが、固定席とフリーアドレスで1人当たりのスペースが違うこと。フリーアドレスの方が明らかに狭い。マウスは固定席にいる今の段階ですでに使ってなくていわゆる指マウスを使ってるからいいんだけど、事務用具を入れている工具ケースを置くスペースとメモ用紙を置くスペースは外せない。書類を入れているキャリングケースも今の段階で机の内側で足元に置いているからいいんだけど、問題はカレンダーをどうするか。手帳を少し大きめのやつにして全てまかなうようにするかな…。1ヶ月間は今の手帳でやるしかないから、ちょっと大変になるけど。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ