予想外の展開も、お昼に出なかったのは予定通り

予定通りの早出で、なぜか校正の共有ドキュメントへのアップとファイリングの依頼が来ていることに拍子抜けしつつ、お買場に下りたらまずはプリンターのセッティング。コンセントを差さないと確認すらできない部分が多々あるわけなので、あらためて「説明書を読みながら使ってみる」自分のパターンで使い方を確認しておく。全印刷の表示が出るようになっていることもインクの残量が十分にあることも確認して、用紙の裏表も確認して、あとは開店後の本番を待つのみ。

婦人本体の事務担当の方が休みなのでできる限り自分がやらないといけない条件の中で、しかしやはり向こうのことも心配ではあるので落ち着かず、いてもたってもいられなくなり予定より1時間も早く再びお買場へ。そもそも土曜日だというのになぜか人員が異様に少なく、納品日の用度倉庫まで手が回らないことは明らかだったのでそちらの作業に入って時間を調整しつつ、撮影会が終わって11時過ぎに迎えるその時を待つ。

パレードの間も写真を撮るつもりだった向こうからチップを受け取って予定通り全印刷をかけたのだが、1枚1枚が出てくるのが異常に遅い。いやおそらく常にこうなんだろうとは思ったんだが、持ち時間ではどう考えても終わらない。しかもカメラを持っていた向こうの持ち方のせいで何もないのに押してしまったらしい写真が過半数。パレードを抜けて写真を受け取りに来たASMの人と対策を考え1枚ずつ選んで印刷することにしたのだが、これもモニターが小さくてなかなか見づらくてはかどらず。

子どもたちが複数写っているものは人数分再印刷をかけることになっていたので何枚目がそうなのか分かるように取っておいたメモを基にさらに印刷をして、ようやくASMが届けに行ったときには本来は事前に並べておくはずだった特別食堂にすでにお客様が入り始めていたと言う。その後も再印刷の可能性はあるとのことだったので、事務席での仕事にも入りつつお買場との間を往復する。事務席では媒体が届いていてクリスマスが絡むのはもう少し先の話だがこれにもベビ子の掲載はあって、校正との照合でミスがないことを確認して、いつもの作業を済ませる。

そうしているうちに個人情報が届いて郵便室の集荷も来たので、届いた郵便物や送達物を仕分けしてお買場へ。ここで一連のイベントが全て終了した向こうが戻ってきていたので、伝票を各カウンターに配ったところで自分も片付けに加わる。せっかくチップを入れ替えたのにデジカメの電池が切れてほとんど撮れなかったと言っていたが、実は自分はその可能性に気がついていた。と言ってもどうやれば電池の残量が表示できるのかも分からなかったので確証は無かったし、昨日までのこともあったのであえて黙っておいた。
ただし、向こうがイベントの片付けを全て終えて戻ってきた4時ごろに休憩室に呼び出されてあった話で、これまでのことを大きく後悔することになるのだが…。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ